最新!レンフェ乗車券をネットから購入してみよう

レンフェ

スペインのRenfe(レンフェ)は、日本でいうJRの様な鉄道会社です。旧国鉄、現在は一般企業としてスペイン国内の鉄道や、AVE(アベ)と呼ばれる新幹線の様な高速鉄道を運行しています。

海外のコマースサイトでチケットを購入する際は不安になりますね、、、ということで、今回はそのRenfeのホームページから、乗車券を購入する方法を画面キャプチャとともにご紹介します。

予約の前に

乗車券を予約する際に必要なものを以下に記載します。

– 旅程(頭の中にあればOK)

– パスポート番号

クレジットカード(日本発行カードでOK)、または  PayPalアカウント

※三井住友VISAカードかつ本人認証パスワードを設定していれば購入可能とのこと!楽天カードはNGだったそうです。。

– VISAまたはMASTER CARDの場合は3Dセキュア(本人認証)のパスワード

※利用可能ブランドはVISA、MASTER CARD、JCB、DINERS CLUB、American Express

海外のECにてクレジットカードを利用する場合、3Dセキュアという本人認証用のパスワードを求められるケースが多く、Renfeのヘルプページを確認してもVISAとMASTER CARDの場合は3Dセキュアによる本人認証をします!と記載されています。

が、今回バルセロナ-マドリード間を予約する際、セゾンカード発行のVISAを利用しましたが、3Dセキュアによる認証は不要でした。クレジットカードの発行会社(セゾン、三井住友、JCB、楽天、など)によっては3Dセキュアによる本人認証に対応していないカードを発行している場合があり、この場合は認証画面は表示されません。

3Dセキュアは企業がサービスや金額に応じて必須とするか否かを決める事ができる認証システムなので、金額やアクセス元の国、お持ちのクレジットカードが本人認証に対応しているか否かによって、必要になる可能性があります。(元々クレジットカード業界出身ですので、不安な事などご質問等あればコメント頂けたら幸いです!)

※2016年8月9日追記

 どうやら、レンフェ予約システムがリニューアルされた為か、日本で発行されたクレジットカードは使えなくなったようです。過去利用できたセゾン、UC、三井住友カードで購入しようとしましたが、購入できませんでした。回避する方法としては、新たにPayPalアカウントを作る、または、現地の駅で直接購入する以外、残念ながらありません。

※2017年3月18日追記

 三井住友VISAカードで購入できたともも様から情報提供を頂きました、3-Dセキュアでの本人認証も行ったとの事。

実際にレンフェ乗車券を予約する

実際の画面キャプチャに沿って予約してみましょう!

全体の購入の流れは以下の様な流れとなります。説明が少し前後しますが、レンフェ乗車券予約の際には、英語もトップページで選択する事が可能です。が、操作を進めていくうちに突然切り替わったりするなど、システムが結構不安定のようなので、こちらの記事では安定のスペイン語をベースに説明を進めてゆきます。

1, 乗車券検索、2, Tarifas→料金の確認、3, Identificacion→個人情報入力、4, Pago→支払、5, Billete→乗車券発行 といった流れとなります。
それではトップページから見てみましょう。レンフェのトップページはこちら

レンフェ、空席の照会

まずは日程を旅程を入力して、空き日程と空席、それから価格を探してゆきます。

レンフェ乗車券予約

 

乗車券の検索、、の前に、一応説明ですが、上のBienvenido、Welcomeと記載されている箇所をクリックする事で、希望の言語を選択する事が可能です。が、前述のとおり、途中でスペイン語に切り替わったりするケースがあるため、説明はこのまま進めます。

From=Origen、To=Destino がそれぞれ英語=スペイン語となります。

往復の場合はここで往路・復路の日程を指定します。Salida=往路、Regreso=復路 となります。Mañanaは朝方、Tardeは午後、Nocheは夜、を意味します。

Adulto=大人 の箇所に人数を登録し、Comprar (Buy) をクリックすると、次のページに検索結果が表示されます。Tarjeta JovenとTarjeta doradaはそれぞれスペイン人の若者割引とシニア割引であるため、無視して構いません。

レンフェ乗車券予約

▲バルセロナやマドリーはいくつか主要な駅があるので、複数表示されます。

基本的にバルセロナであればSants、Passeig de Graciaがメインの駅になるので、それ以外は選ばないようにしましょう。Madiridについても同様に、AtochaまたはChamartinが地図などにも載っている駅になります。TODASとはALL、という意味になりますので、TODASで選んでも特段問題ありません。

 

  レンフェ乗車券予約

 

こちらが検索結果のページです。往復を選択して検索した場合は、Ida=往路、Vuelta=復路が表示されているので、それぞれ希望する時間と席種を選択します。あまり良い座席が無い場合は、日程を選びなおすことができます。

 選択可能な座席とクラス、価格が表示されますので、以下、説明を簡単に。
項目

Salida … 発車時刻
Llegada … 到着時刻
Duracion … 所要時間

Clase=クラス
  • Turista … 最安値のクラス
  • Turista Plus … 中クラス
  • Preferente … 最上級クラス
次に、希望する時間帯の列車を選択し、次の画面が表示されます。デカくてすみません。

レンフェ乗車券予約

▲赤枠で囲まれたエリアを入力しなければなりません。コメントつけたので、画像クリックで拡大しながら入力進めていただければと。

  • Tipo documento … 身分証明書のタイプ。多くの方がパスポート(Pasaporte)となります。
  • Documento … そのドキュメントの番号です。パスポート番号を入れましょう。(国内移動であれば別にチェックはされませんが、、)
  • Nombre … 下の名前を入力します。ここは必須項目。
  • Apellido 1 … 苗字1です。YAMADA や NAKAMURA となるはず。
  • Apellido 2 … 多くの日本人には関係ありません。無視でOK。
  • Email、Telefonoはメールと電話番号です。

スペイン国内であれば、基本的に個人情報(名前など)を乗車時にチェックする事はありません。パスポートの提示も不要です。念のためトラブル等が発生した場合にコピーを持ち歩く程度で問題ないと考えます。メールアドレスに誤りがあると日程メール等々が届きませんので、ココだけは気をつけましょう。

 「Prefijo」とは固定電話の事ですがブランクでもOK。全て入力したら、右下の紫の箇所、「Continuar」をクリックして完了。
 なお、座席指定に対応した列車の場合は座席を選択できます。窓側か通路側を選択できるタイプの場合は、ラジオボタンで種類を選べます。

クレジットカードが使えない

2016年8月時点にて確認した情報ですが、日本発行のクレジットカード(Tarjeta de Credito)はどうやら利用できないようですので、ペイパル(Paypal)を選択します。 決してPayPalの会員獲得を推奨する、マーケティングのものではありません。あしからず。

最後に画面下部にある規約に同意するチェックボックスをクリックし、購入ボタン(Comprar)をクリック。

入力した情報に誤りがなければ、購入が可能です。

レンフェ

▲この様な画面が表示されれば購入は完了です。

※現在とイメージが異なる場合があります。

レンフェ

▲右上の紫のボタン、「Imprimir Billetes」というボタンをクリックすると、別ウィンドウでPDFの乗車券が表示されます。これを印刷しておけば乗車可能です。往復の場合は2枚必要ですので注意してください。

iPhoneを持っているならPassBook!!

iPhoneにPassbookというアプリがデフォルトで存在するのをご存知ですか??日本ではまだメジャーではありませんが、このアプリに保存しておけば乗車する際に画面上のバーコードを見せるのみで乗車可能です。リスクはiPhoneをホテルに忘れる・盗難に遭ってしまうと乗車できない点と、電池の残量を常に気にしなければならない点。

Passbookを利用するには、購入後の画面から自分のメールアドレス宛にPassbook情報を送信します。

レンフェ

▲「Recibir sus billetes en el Passbook de su Smartphone」を選択します。

レンフェ

▲「Correo」にメールアドレス、「Nombre」にはアルファベットで名前を入力します。「Viaje de ida」は往路の情報、「Viaje de vuelta」は復路の情報。通常は一緒かと思いますので、両方とも同じ情報を入力すればOK。左下のにある紫の「Recibir e-mail」をクリックすると、スマートフォンに乗車券情報が送信されます。メールの「Descargar」というボタンをクリックすると、自動的にPassbookのアプリにQRコードが保存されます。

 

パスブック

▲この様なメールが届きます。往復の場合は2通メールが届くので両方を確認する必要があります。

 

パスブック

▲こんな感じで往復2通分のQRコードが保存されます。

 

パスブック

▲あとはレンフェの駅でこのQRコードを見せてスキャンしてもらえばOK。電池の残量だけ注意が必要。ちなみにレンフェの車内、ヒジ置きの下に電源が完備されているのでご安心を。

次のページでバルセロナのレンフェの駅、サンツ(Sants)での乗車までの工程を簡単にまとめていますので是非ご一読を。

レンフェに乗車する、サンツ駅の様子

 

レンフェ予約がエラーになってしまう

予約システムが理由だと考えられますが、色々とエラー画面が出てしまったり、ということがありますので、イメージ含めて備忘録として掲載します。

レンフェ予約エラー

▲レンフェの予約サイトで、PayPalではなくクレジットカード(Tarjeta de Credito)で予約を進めた場合に表示される画面になります。過去利用できていたセゾンや三井住友カードの発行カードで決済を試みましたが、下のエラー画面が表示されました。

 

レンフェ予約エラー

▲こちら、よく表示されるエラー画面。

「Se han encontrado los siguientes errores: Operacion no permitida para esa tarjeta o terminal. (RS13)」

日本語では、「次のエラーです:カードまたはターミナルが許可されていないオペレーションです」という意味になります。

一部、アメリカン・エキスプレスのカードであれば利用できると思われるのですが、現時点では残念ながらPayPal以外これが使えます、というものはありません。。

 

▼こちらの記事もごらんください!

バルセロナ往復航空券4万円台で購入するには

-広告-

Facebookiいいねもお願いします!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

【こちらの記事も読んでおくと良いコトあるかも】

コメント

  1. sophie より:

    海外、特に欧州では、以前からネットのクレジットカード利用は3Dセキュアの本人確認を求められてましたが、最近はシンガポールを初め、東南アジアなどの国でも多く利用されてますね~。
    それもワンタイムパスワードが割と一般的で、使っている同僚は、忘れることも無く、定期的にパスワード変更する必要も無く手間が無くて便利だと言ってました。
    日本の3Dセキュアはまだ固定型のパスワードが多く、昨年末だったか、ようやく、三井住友カードが導入しましたね。
    海外では3Dセキュアパスワードも既に漏洩、フィッシング被害も多いから、日本でも早期導入して不正利用を減らして欲しいですね。

    1. BCN writer より:

      sophieさま
      コメントありがとうございます。そこにコメントされる方がいらっしゃるとは思いませんでした。マニアックなポイントへのコメント、誠にありがとうございます。
      3Dセキュアのパスワードは覚えていないですし、中々不正を防ぐ手段になっているかというと微妙ですよね。。

  2. あきを より:

    こんにちは。はじめまして。
    今、Renfeの予約を日本からしようとしているものですが、エラーが出てしまい先へ進めず困っています。
    具体的には、クレジットカード情報を記入、購入(Comprar)ボタンを押した後、3Dセキュアページへ行かずにエラー表示が出てしまいます。
    エラーメッセージは、下記の如くで
    Se han encontrado los siguientes errores:
    Operaci?n no permitida para esa tarjeta o terminal. (RS13)

    使用クレジットカードは、本人認証登録済(のはず)で、
    Renfe以外の予約サイトで同クレジットカード使用時は、3Dセキュアページへ移行し、その後も問題なく進められました。

    何か、解決方法をご存知であれば、教えて下さい。
    よろしく御願い致します。

    1. BCN writer より:

      あきを様

      コメントありがとうございます!3Dセキュアの認証ページに進めない、という事ですが、
      Se han encontrado los siguientes errores: Operaci?n no permitida para esa tarjeta o terminal. (RS13)
      ↑上記のエラーコメントは、登録されたカードでのオペレーションが許可されていないものである為のエラーである、といった内容になります。
      可能性として考えられるのは、レンフェのシステムが、海外発行クレジットカードの利用や、一部のカード会社が発行したクレジットカードでの購入を許可しないシステム制御を行っているケース、または、入力されたカード情報に誤りがあるなど、3Dセキュアの認証ページに進む前段階でのエラーになっている可能性があります。参考情報ですが、私がWebから購入した際は、セゾンのVISAブランドのクレジットカードを利用して購入しましたが、こちらでは問題なく3Dセキュアの認証ページへ遷移し、購入することができました。

      回避策としては、他のクレジットカードで購入を再チャレンジするか、別途、PayPalにカード番号を登録し、PayPal決済を選択するなどがあるかと思いますが、こちらで試して頂ければ購入できるかと思います。PayPalの会員登録は面倒かと思いますが、他の海外コマースサイトでも幅広く利用可能な手段ですので、登録しておくことでバックアッププランとしてご利用頂けますので、非常に便利です!

      もしまた購入できない等の事象がありましたら、コメント等でご相談頂ければと思いますー!

      1. あきを より:

        返信遅くなりまして、申し訳ございません。
        エポスカードのVISA利用でしたが、パソコンを変えてみたり色々と試しましたが
        やはり上手くいかず…。
        少し高額になるものの…ユーロレイルから予約することも考えましたが
        希望の車両が表示されない等あり、御提案頂いたPaypal登録で、
        支払い完了することが出来ました。

        助言頂きまして、ありがとうございました!!

        1. BCN writer より:

          あきを様
          無事に予約できたとのことで安心しました!もしまたご相談等ありましたらコメント頂ければ幸いです^^

  3. より:

    私もクレジットカード決済が上手く行かず、こちらのサイトに辿り着きました。まさか、海外発行カードの利用が制限されていたとは…思いもよりませんでした。英語のエラーメッセージは、「今は手続きできません」といった抽象的な内容で、原因が分からず困っていたのですが、とても助かりました(幸い、トップページで英語を選択しても、システムが不安定になるということはありませんでした)。

    ただ、最終的にはPayPalで決済できたのですが、私の場合、もう一難あって、PayPal登録の際は何の問題もなかったメールアドレスが、何故か「proper adress」でないとRenfeのサイトではねられ(Passenger情報としては大丈夫なのに、決済情報としては駄目)、PayPalの登録情報を一旦削除し、別のメールアドレスで登録し直すという手間が生じました(メールアドレスの追加もできるようですが、証明書類を送付した上で手続きしなければならないということでしたので、手っ取り早く、アカウントの削除と再登録を選びました)。

    1. BCN writer より:

      凜さま、
      当サイトへのアクセス、コメント、ともにありがとうございますm(_ _)m
      レンフェのチケット購入プロセスは非常に不便ですね・・・PayPal側の仕組みでもセキュリティを高めている可能性が高く、理由はわかりかねますが何かとエラーが出たり、とても手間がかかりますね。。
      とは言え、無事に購入できたようでなによりです!

  4. massy より:

    はじめまして!

    8月は当記事の通り、クレカ決済は不能でやむなくPayPalを使いました。
    別の路線の予約の必要がありダメ元でクレカ入力したら大丈夫でした。
    円建てかユーロ建てか問われ、円建てレートが悪かったのでユーロ決済しました。
    使用したのはVISAの認証付きです。
    とりあえずうまくいってホッとしています。

  5. massy より:

    続報ですが、その後別の日の便ではクレカ承認画面まで到達しましたが、価格が上がって再び便を選ぶ画面に戻ってしまい決済できませんでした。
    仕方なく再びPayPalで行ったところ問題なく決済できました。
    やはりクレカでは無理そうです。

  6. BCN writer より:

    massyさま
    コメント、ありがとうございます。
    クレジットカード決済を選択して成功するケースもあるんですね。とは言え不確定要素も多いため、やはり必要なタイミングにおいて確実に選択した旅程・金額で購入完了までたどり着くためには、PayPalがベストといった感じになりますね。

  7. no name より:

    16年12月5日現在は,全く問題無くカード決済できました。少し不安でしたが安心しました。ご参考まで!

    1. BCN writer より:

      最新情報、ありがとうございます!!

  8. もも より:

    さきほど予約しましたが、楽天カードは弾かれましたが、本人認証ありの三井住友VISAカードではすんなり予約できました。ご参考までに。
    また、trainline.comという別サイトから予約しようとすると、2名分しか空いていないようだったのですが、本家Renfeサイトでは座席表を見ると6席空いていました。

    1. BCN writer より:

      ももさま
      三井住友Visaで本人認証を行えば購入できるんですね。情報共有ありがとうございますm(_ _)m
      カード発行会社ごとに使える/使えないといった設定をしているか、3-D Secure認証の無いカードは購入できない様に設定されているか、でしょうか。
      またももさんもご記載頂いた通り、Renfeサイト本家はこちらですので、他の旅行代理店系のサイトよりも在庫反映は確実なはずです。従って、Renfeサイトで購入する方が安価であったり、希望する席種が確保できる可能性は高いですよね。

      スペインでのご移動、お気をつけていってらっしゃいませ。

  9. RI より:

    先ほど予約しました。
    ライフカード(master card 本人認証登録済み)で普通に通りました・・・。
    端末はiPhoneを使いました。
    タイミング等の、運もあるのでしょうか。
    こちらのサイトを参考にさせていただいたので、お礼を兼ねてコメントです。

    1. BCN writer より:

      RIさま
      コメントありがとうございます!!ライフカードで決済完了したとのこと、情報提供ありがとうございます。レンフェ側で、もしかすると本人認証ありであれば購入できるように設定を変更したのかもしれません。セキュリティ対策は一般的にカードホルダー側にオープンにはしませんので、試行錯誤してみないとわからないというのが悩ましいですね。国内・海外のサイトであろうとユニバーサルに使えるカード決済があれば良いのですが。

  10. しょう より:

    こんばんは。教えていただきたい事がありコメントに書き込みさせていただきます。本日auのスマホ&VISAのクレジットカードで予約ができました。PASSBOOKでチケットを管理しようと思っていたのですが、操作している途中でチケット画面が勝手に終了してしまい、QRコードもなし、PASSBOOKにも送付されていない状態です。携帯のメールには通知がきましたが、QRコード等の情報はありません。メールから、チケット情報&QRコード等を取る方法はあるのでしょうか?せっかく購入できても、チケットがなければ使えないので…本当にパニックです。何か方法があれば教えてください。よろしくお願いいたします。

    1. BCN writer より:

      しょうさま
      返信おそくなり失礼しました。
      まず、Renfeに乗る際はPassbookが無くても、予約した際のメール等を見せれば乗る事自体に問題はありません。(が、メールであることをスペイン語で伝える必要等はあるかもしれませんが・・・)

      次に予約情報へのアクセスですが、予約した際の予約番号(スペイン語では Localizador)はメール等に記載されていますか?本ブログの「iPhoneを持っているならPassBook!!」の直下にある画像では「VHJ2D8」という番号がLocalizadorです。こちらがあれば、RenfeのサイトのMis Viajesというページ(https://venta.renfe.com/vol/formViajes.do)から、自分の予約した座席情報にアクセスできるかと思いますので、トライしてみて頂ければと思います。

コメントを残す

*